メリノ

 HOME > Note > 素材 > 羊毛

メリノ

スペイン原産。 湿気に弱く放牧に適している。現在はオーストラリアの乾燥地帯での飼育が多く、世界一のメリノ産毛国としての地位を築いている。

羊の中では繊維が最も細く、やわらかいため肌にやさしい。ベビーニットやショールなどに向く。

羊毛の歴史 - ‐ヨーロッパの手仕事‐グレムティッド

白く、細い毛が生産できるメリノは、羊毛の歴史上では重要な羊種です。羊毛の歴史については、こちらの記事でも紹介しています。【羊毛の歴史】羊は昔から様々な地域で品種改良を重ね、牧畜されてきました。その歴史をまとめました。

毛長:6~10cm
毛量:3.5~5.5㎏

【原毛】
毛の太さ:24μ以上 ※μ(マイクロン)=1/1,000 mm

 

【参考資料・サイト】
「羊の手帖」著:本出ますみ 出版:スピナッツ出版 初版:1988年 第8版:2016年

 

同じカテゴリーの記事

Recent Posts

  • 【羊毛の歴史】羊は昔から様々な地域で品種改良を重ね、牧畜されてきました。その歴史をまとめました。

  • 【チュビオット】山岳地で生息する頑丈な羊種。顔と手足に毛が生えないのが特徴です。

  • 【羊毛の特徴② 部位や年齢などによる違い】生えている部位や、羊の年齢などによる違いから、羊毛の特徴をまとめました。

  • 【羊毛の特徴① 構造と機能】羊毛の構造や、機能についてまとめました。

  • 【ロムニー】英国ケント州が原産のカーペットなどに使われる羊の品種です。

    PAGE TOP