羊毛の特徴① 構造と機能

 HOME > Note > 素材 > 羊毛

羊毛の特徴① 構造と機能

この記事では、羊毛の構造や機能について、まとめました。

<羊毛の種類>
羊には、性質の異なる3種類の毛が生えています。

羊毛の種類 特徴
ヘアー 太く真っすぐな毛。
ウールとケンプの中間くらいの太さ。
断続的な髄質がある。
ウール 柔らかく、細い毛。
髄質がない。
太さは15~40μで、髄質がない。
ケンプ 固く太く、毛内部の髄質が中空になっている。
太さは70μ以上。

※μ(マイクロン)=1/1,000 mm

<羊毛の構造>

二重構造・・・毛はフォリクルと呼ばれる毛根から生えており、ヘアーを取り囲むようにウールの細い毛が密生した二重構造になっています。

スケール・・・うろこ状で薄いキューティクルで覆われた表皮部分。空気中の湿気や酸、アルカリの状態よってうろこ部分が開閉する仕組みになっています。

クリンプ・・・スケールの下にあるコルテックスという2種類の酸性と塩基性に反応するタンパク質により、クリンプというウェーブがかった状態になっています。これにより毛に弾力が与えられます。

皮膚と同じ成分・・・羊毛はもともとは皮膚が変形した組織のため、皮膚と同じタンパク質で出来ています。

<羊毛の機能>
・耐寒性
縮れた毛(クリンプ)の間に大量の空気を含むので、保温力がある。マイナス60℃でも凍らない。断熱材としても利用されています。

吸湿性
スケールの働きで、湿度を吸収できる。保温性があり、汗も吸収するので汗冷えしない衣服を作ることができます。

難燃性
湿分を蓄えられるため熱伝導が低く、600℃近くにならないと発火しません。消防士の制服、飛行機のシートやカーペットにも使われいています。

消臭機能
細胞の集合体のため、臭いの元を吸収できる面積が多いのが羊毛の特徴です。シックハウス症候群の元となるアルムホルデヒドや二酸化硫黄などを吸収する働きがあることも報告されています。

防汚性
表面にあるキューティクルにより、水や汚れを弾く働きがあります。

フェルト化
水分と摩擦が起こると繊維が絡み合い、フェルト化現象が起こります。この現象を利用して作品を作ることができます。

【参考資料】
 「羊の本」著:本出ますみ 出版:スピナッツ出版 2018年

同じカテゴリーの記事

Recent Posts

  • 【チュビオット】山岳地で生息する頑丈な羊種。顔と手足に毛が生えないのが特徴です。

  • 【羊毛の特徴② 部位や年齢などによる違い】生えている部位や、羊の年齢などによる違いから、羊毛の特徴をまとめました。

  • 【羊毛の歴史】羊は昔から様々な地域で品種改良を重ね、牧畜されてきました。その歴史をまとめました。

  • 【メリノ】羊大国オーストラリアを象徴する羊種として有名です。羊の中でも極細の柔らく白い毛を持っています。

  • 【ロムニー】英国ケント州が原産のカーペットなどに使われる羊の品種です。

    PAGE TOP